伊予の郷土料理 道後 魚武 DOGO UOTAKE

道後のイベント&ニュース

道後イベント情報

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

道後温泉カウントダウン

開催期間
2018年12月31日(月)~2019年1月1日(火・祝)
場所
道後温泉本館前
内容

大晦日から元旦にかけて道後温泉本館前でカウントダウンイベントを開催します。(来られた方へ飲み物、お菓子など配布)
道後温泉本館は2019年1月15日より保存改修工事が始まるため、今の建物で新年を迎えるのは最後!

初子祭

開催期間
2019年1月13日(日)、1月14日(月・祝)
場所
道後湯神社
内容

道後温泉の繁栄や開運を願うと共に、道後地域の活性化を図るこのお祭りは、湯神社祭神の大国主命がネズミに救われたという伝説に基づき、古くから旧暦11月の初めての子(ね)の日に祭りが開かれるようになり「初子祭」の名がつけられたと言われています。楽しい催し物が多数行われますので、ぜひご参拝ください。

道後温泉 空の散歩道をリニューアルオープン

開催期間
2019年1月7日(月)
場所
道後温泉 空の散歩道
内容

道後温泉本館南側の冠山にリニューアルオープン「道後温泉空の散歩道」。「空の散歩道」には、道後温泉本館と同じ源泉を使った足湯が新たに設けられ、ゆったりくつろぎながら道後温泉本館を眺めることができます。
また、椿や桜といった四季の草花が植えられているほか、その草花や道後温泉をテーマに詠まれた正岡子規の句碑も建てられました。

松山城誕生記念日

開催期間
2019年1月15日(火)
場所
松山城本丸広場
内容

今年は松山城築城開始から417年目にあたり、「松山城誕生記念日」および「よしあきくん誕生日」としてお祝いします。もちつき大会などが催されます。

道後温泉本館保存修理着手

開催期間
2019年1月15日(火)
場所
道後温泉本館
内容

改築から123年を迎え、重要文化財としての価値を損なわないために、避けて通れない保存修理工事。期間中も入浴を楽しめ、特別な催しの数々を実施。

▲TOPに戻る

第57回愛媛マラソン

開催期間
2019年2月11日(月・祝)
場所
10:00 県庁前スタート
内容

伊予路を駆け抜ける愛媛マラソンは、愛媛県庁前をスタート、旧北条市で折り返し松山城山公園ゴールの42.195kmコースを、瀬戸内の美しい風景と海風を感じながら沿道の声援のもと走る人気の高いイベントマラソン。
今年のゲストランナーは高橋尚子さん、川内美加さん、川内鮮輝さん、マーラ ヤマウチさん、お笑いコンビ和牛のお二人。
またスペシャルサポーターとして土佐礼子さんもお迎えします。

椿まつり

開催期間
2019年2月11日(月・祝)~2019年2月13日(水)
場所
伊予豆比古命神社(椿神社)
内容

伊予路に春をよぶまつり。商売繁盛、縁起開運、家内安全などの神社として多数の参拝者で賑わいます。初日の午前0時に大太鼓で開始を告げられ、最終日の24時迄72時間昼夜を徹して行われる比類のないお祭り。

七折梅まつり

開催期間
2019年2月20日(水)~2019年3月10日(日)
場所
七折梅園(愛媛県伊予郡砥部町)
内容

七折梅園の丘いっぱいに咲き誇る1万6千本の梅の木の花姿や香りを楽しむことができる。梅加工品の試食・販売のほか、多彩なイベントがあり、多くの観光客が訪れる。

▲TOPに戻る

愛媛国際映画祭プレイベント

開催期間
2019年3月15日(金)・16日(土)・17日(日)
場所
松山市民会館 大ホール ほか
内容

「愛媛国際映画祭プレイベント」3月15日から開幕。豪華ゲストを迎える県庁レッドカーペット、May J.、クリヤ・マコトのオープニングセレモニー&シネマミュージックコンサート、愛媛ゆかりの映画に海外コンペ作品の上映など。愛媛で映画を楽しむ3日間。

道後温泉まつり

開催期間
2019年3月19日~2019年3月21日
場所
道後温泉本館周辺
内容

19日の湯祈祷祭を皮切りに、長寿餅つき、ブラスバンドパレード、郷土芸能大会、女みこしかきくらべパレード、道後温泉楽市楽座、餅まきなど、多彩な催しものを3日間開催。

▲TOPに戻る

愛媛県立とべ動物園開園記念日イベント

開催期間
2019年4月1日
場所
愛媛県立とべ動物園
内容

開園31周年を記念して、一番目の入園者に記念品のプレゼント。

松山春まつり(お城まつり)

開催期間
2019年4月4日・6日~7日
場所
松山城とその周辺
内容

「日本さくら名所100選」に選定されている松山城を中心に、「松山春まつり(お城まつり)」が開催されます。松山城小天守の再建の決定を祝い、昭和42年(1967年)に始まった「大名・武者行列」のほか、「野球拳全国大会」、「伊予節全国大会」、ステージイベントや飲食ブースなど、華やかな催し物が繰り広げられ、市民はもとより多くの観光客で賑わいます。

砥部焼まつり

開催期間
2019年4月20日~21日
場所
砥部町陶街道ゆとり公園・砥部焼伝統産業会館・砥部町商工会館
内容

掘出し物を求めて、毎年県内外から多くの人が訪れる「砥部焼まつり」が開催されます。砥部焼の約100軒の窯元の作品が勢揃いし、10万点余りの作品が一堂に集まる「砥部焼大即売会」をはじめ、ろくろ、絵付け体験、ゆるキャライベント、県内物産即売会などが行われます。第2会場の砥部焼伝統産業会館と砥部町商工会では、砥部焼新作展や砥部焼チャリティーオークションなどが催されます。

▲TOPに戻る

とべ楽市

開催期間
2019年7月14日(日) 09:00~14:00
場所
砥部町商工会館周辺
内容

江戸時代の「賑わいのまちづくり発想」と歩行者天国の楽しさにならって…みんなでつくる楽しい日曜日! おいしいもん、新鮮野菜いろいろ、かわいいもん、い~いもん砥部焼、路上パフォーマンスなどのイベント盛りだくさん。今回は、伊予消防等事務組合消防本部からはしご車がやってくる!

和霊大祭・うわじま牛鬼まつり

開催期間
7月22日~7月24日 ※豪雨災害の影響のため2018年は開催中止
場所
牛鬼すとりーと他 宇和島市内一円
内容

和霊大祭は宇和島藩の家老山家清兵衛を祭神とする和霊神社の夏祭りです。宇和島藩初代藩主の伊達秀宗が山頼和霊社を建立し、承応2(1653)年6月24日に盛大な祭典を営み、これにちなんで月遅れの毎年7月24日が祭日となりました。神輿の「海上渡御」や勇壮な「走り込み」で知られ、昔から南予各地から参詣者が多く訪れます。この和霊大祭にあわせて、毎年7月22日のガイヤカーニバルを皮切りに「うわじま牛鬼まつり」が開催され、何体もの牛鬼が市内を練り歩く迫力のパレードや伝統の宇和島おどり、夜空と宇和海をも彩る花火大会、そして最終日の走り込みなど熱気あふれるイベントで24日までの3日間の祭りが盛り上がります。「牛鬼」とは全長5~6メートルの祭礼の練物のことで、鬼のような顔に長い首、赤い布やシュロで覆われた牛の胴体、剣にも似た尻尾を持ち、南予地方の祭礼のシンボルとなっています。

▲TOPに戻る

道後村まつり

開催期間
2019年8月1日~2019年8月2日
場所
道後温泉周辺
内容

道後温泉の守護仏「湯釜薬師」に感謝する祭事。湯釜薬師祭を皮切りに道後夜市などのほかイベントを開催。

道後温泉夏まつり

開催期間
2019年8月1日~2019年8月31日
場所
道後温泉周辺
内容

期間中の週末、お盆に商店街入り口で和太鼓、郷土芸能、音楽のイベントを開催。

松山市制施行130周年記念 第69回松山港まつり 三津浜花火大会

開催期間
2019年8月3日(土) 20:00~21:00(予定)
場所
三津ふ頭
内容

愛媛県松山市で開催される、県内最大級の花火大会。1時間にわたって1万発の花火が夜空を染める。花火打ち上げ前には、水軍太鼓や金管バンドの演奏(16:30~)なども行われる。

第54回松山まつり

開催期間
2019年8月9日(金)~11日(祝)
場所
大街道・千舟町、城山公園(堀之内地区)
内容

四国四大祭りのひとつとして、毎年多くの来場者が訪れるイベント。伝統を大切にしながらも進化し続ける「野球拳おどり」は、民謡調やロック調など連ごとに趣向を凝らし見ごたえたっぷり。また「野球サンバ」は、軽快な音楽にのって参加チームが演舞し、会場全体が熱気に包まれる。第50回から新設された「ちるど連」では、かわいらしい子供たちが元気いっぱいに踊りを披露する。

▲TOPに戻る

松山道後秋祭り

開催期間
場所
伊予鉄道後温泉駅前
内容

早朝6時半頃から道後温泉駅前で八町八体の大神輿がそれぞれ2回づつ、計8回の豪快な「鉢合わせ」を行う。喧嘩神輿と呼ばれ、神輿と神輿がぶつかり合い、たちまち神輿を取り巻いていた「神輿守り」の若い衆が渾身の力を込め神輿を押し合う様は圧巻。鉢合わせだけでなく宮入や宮出しも見所で、伊佐爾波神社の135段ある急勾配の石段を、大神輿が次々と進む姿は担ぎ手の熱気で神輿が曇って見えるほど壮大で壮観。

▲TOPに戻る